ヘムルタン麺(農心SEAFOOD RAMEN)がやばい美味しかった件について

ヘムルタン麺(農心SEAFOOD RAME)がやばい美味しかった件について

こんにちは。
以前、韓国好きの友人と新大久保に行った際に「食べてみて~!」とおすすめされた韓国のインスタントラーメン「ヘムルタン麺」。辛ラーメンで有名な農心から発売されている海鮮タンメンだそうです。

韓国ラーメンにハマっていることもあり、試しに購入!
ですが、つい最近まで買っていたことを忘れてしまっていました(笑)

先日、たまたま戸棚の奥で発見して食べてみたところ、口の中に広がる海鮮の風味と爽やかな辛さがとてもクセになる美味しさでした。これはハマります(^O^)

日本ではまだマイナーみたいだったので、食べたことがない人も多いのではないでしょうか?
そこで、今日はヘムルタン麺(農心SEAFOOD RAMEN)の魅力をご紹介しようと思います!

スポンサーリンク

ヘムルタン麺(農心SEAFOOD RAMEN)って?

ヘムルタン麺

画像元:ヘムルタン麺の韓国食品・食材のレシピのWOW新大久保

「ヘムルタン」とは、韓国語で「ヘムル(=海鮮)」「タン(=鍋・スープ)」を指します。
つまり、韓国の海鮮鍋のこと。

ヘムルタン麺(農心SEAFOOD RAMEN)は、韓国の海鮮鍋「ヘムルタン」をインスタントラーメンで再現した商品だそうです。

「ヘムルタン(海鮮鍋)」を食べたことがないので比較できませんが、海老、イカ、数種類の貝など海産物混合粉からとったスープには深みがあり、しっかりと海鮮の風味を感じることができました。後味はさっぱりとしており、キリっとした辛さで箸が進みます!

かやくには、かまぼこ・わかめ・昆布などが入っていました。麺は太めで、もちもちしています!農心の麺は弾力があり、もちもちとしているのが特長で、ファンが多いですよね。
個人的に辛ラーメンと比べると、少し柔らかいかなと思いました。

パッケージ写真のように具材として海老やイカを入れると、さらに海鮮のうまみが感じられて美味しそうですね!卵やもやしを追加して食べている人もいたので、今度真似してみたいなと思います。

ヘムルタン麺(農心SEAFOOD RAMEN)の作り方

ヘムルタン麺(農心SEAFOOD RAMEN)には、麺の他に、かやくと粉末スープが入っています。

<作り方>
500ml(約3カップ)の水を鍋に入れて沸騰させます。沸騰したら、麺・かやく・粉末スープを一緒に投入し、4分30秒煮込めば完成です!

お好みでウインナーやキャベツ、きのこ類など具材を入れるとさらに美味しくなります。プルダックポックンミョン(炒め麺)のように湯切りなど面倒な手順もなく、ササっと作れるのがいいですよね。

スポンサーリンク

種類豊富!農心のおすすめラーメン3選

韓国の即席ラーメン業界最大手の「農心」には、ヘムルタン麺(農心SEAFOOD RAMEN)の他にも魅力的な商品がたくさんあります!

辛ラーメン

辛ラーメン

画像元:農心 公式サイト

農心の主力商品である「辛ラーメン」は、韓国ラーメン市場でシェア率25%を誇ります!その人気は韓国だけに留まらず、世界100ヵ国の国々に展開されているそうです。日本でも根強い人気がありますよね。

「韓国のラーメン = 辛ラーメン」という印象が強いです!
辛いだけでなく、味わい深いスープで、まさに旨辛なラーメン。辛さはどのくらいかというと、激辛好きの人であれば余裕だと思います。辛いのが苦手な人でも、粉末スープを半分の量で作ってみたり、チーズや牛乳、卵を入れるとマイルドになって美味しくいただけるのではないでしょうか(^O^)

辛ラーメンは、アレンジレシピも豊富で、いろんな楽しみ方ができるので是非調べて試してみてくださいね。

ノグリラーメン

ノグリラーメン

画像元:農心 公式サイト

「ノグリ」とは、韓国語で「タヌキ」という意味だそうです。
麺の形が丸くて太く、タヌキっぽいという理由で名付けられたのだといいます(笑)
パッケージのタヌキのキャラクターはそういうことだったのですね~。

スープは唐辛子と貝、いか、えび、かつおなど様々な魚介類からダシをとった海鮮スープで、あっさりとしていながらも、旨味がしっかりとあります。
太麺はうどんのようなツルツルもちもちとした食感で、具材には昆布、わかめ、にんじんなどが入っています。

辛さ控えめなので、辛ラーメンが辛すぎるという人にもおすすめです。
(といっても、辛いのが苦手な人にっては結構辛いかもしれません…)

チャパグリ

チャパグリ

画像元:KALDI(カルディ)

映画「パラサイト」で話題になった、韓国の人気即席ラーメン「チャパゲティ」と「ノグリラーメン」を掛け合わせた麺料理「チャパグリ」。
試してみた人も多いのではないでしょうか?

農心から販売されているカップ麵の「チャパグリ」なら、2種類の即席ラーメンをわざわざ買って混ぜるという手間がなく、手軽に楽しむことができます。

「チャパグリ」はピリッと辛さはありますが、甘めの味付けなので、辛いのが苦手な人でもヒーヒーならずに食べきることができるでしょう。昆布やわかめも入っていて、海鮮の風味も感じます。かまぼこもタヌキのキャラクターになっていて、とても可愛いです(^^)/

また、「チャパゲティ」のクセのある味わいに「焦げた味がする」「まずい」という意見も多いようですが、農心の「チャパグリ」なら美味しく食べれたと評判みたいですよ。

韓国ラーメンで一番辛いのは?

ところで、激辛大国の韓国で一番辛いラーメンってどんなラーメンなのでしょうか…
気になったので、最後に調べてみました!

閻魔大王ラーメン

画像元:Qoo10

今、韓国で流行っている?というのが「閻魔大王ラーメン」だそうです。世界一辛いと言われており、韓国系ユーチューバーもこぞってチャレンジしています!

いくつか動画を見てみましたが、あまりの辛さに悶絶・・・、汗がとまらないという殺人級のラーメン。ユーチューバーのKaoruさんは、翌日まで腹痛に襲われたそうですよ(*_*)

ちなみに、唐辛子の辛さを測る単位に「スコヴィル値(SHU)」というのがあるそうなのですが、この閻魔大王ラーメンは「21,000SHU」。

辛ラーメンが「1,300SHU」、ブルダックポックンミョンが「4,400SHU」で、最強の辛さと言われるバンパイアチキンでも「14,000SHU」なので、どれだけやばいのか一目瞭然ですね。恐ろしい(;_:)

気管支や胃腸が弱い人は、危ないので絶対に食べない方がいいかと思います。

こんなラーメン作ってしまうなんて、さすがは韓国!
度胸試しや罰ゲームとしては最高の商品かもしれませんが、ただ辛いだけのラーメンは正直食べたくないですね。

日本でも通販でなら買えるみたいなので、自信がある人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

日本でも手軽に韓国ラーメンを楽しむことができる農心

日本でも手軽に韓国ラーメンを楽しむことができる農心

辛ラーメンをはじめ、農心が販売する即席ラーメンは、スーパー、コンビニ、ドン・キホーテ、KALDIなど比較的どこでも手に入りやすいです。

また、種類も豊富なので、辛さに特化したものはもちろん、チーズラーメンのように辛さがないものまで好みに合う商品が見つかるはずです!同じ商品でも袋麺タイプとカップ麺タイプの両方があったりするので、食べ比べてみるのも面白いかもしれませんね(^^)

わたしも他の商品も試してみたいと思います!