江戸川大学の評判って?在学生・卒業生の声を調べてみた!

江戸川大学の評判って?在学生・卒業生の声を調べてみた!

こんにちは。
突然ですが、皆さんはどういった基準で大学を選びましたか?

進学率で決める人、授業内容で決める人、部活動やサークルで決める人など、決める基準は人それぞれだと思います。
中でも『評判』を参考に決める人も多いのではないでしょうか?

大学選びは人生を左右する大事な決断です。
なので、大学の評判は重要になってきますよね。

今回は千葉県流山市にある江戸川大学の評判を紹介します。
在学生だけでなく卒業生からの評判も調べたので、よりリアルな評判となっています。
受験を考えている人もそうでない人も参考にしてもらえると嬉しいです

スポンサーリンク

江戸川大学について

まずは江戸川大学について紹介します。

江戸川大学の評判って?在学生・卒業生の声を調べてみた!

画像引用:江戸川大学

江戸川大学は1989年に設置認可され、1990年4月に開学しました。
開学から30年以上経った今でも教育理念『人間陶冶(とうや)』を基盤とし「職業人として社会貢献することに喜びを見いだせる人材の育成」に力を注ぎ続けています。

社会・地域貢献にも力をいれており、大学の施設開放やボランティア活動、知的資源の活用など地域社会の様々なコミュニティと連携・交流を深めています。

江戸川大学の学部・学科

江戸川大学には2学部6学科があります。

他の大学と比べると学部数は少ないのですが、1年次から実習などの実践的な経験が積めることや少人数生で教授との距離が近いことなど、学部数が少ないからこそのメリットがいくつもあるそうです。
「アットホームな環境で学びたい」という人にぴったりの大学だと思います!

【社会学部】
家族などの小さな集団から企業といった社会の集団、国際社会といったグローバルな視点での集団を研究対象とする学部。
・人間心理学科
・現代社会学科
・経営社会学科

【メディアコミュニケーション学部】
現代に欠かせないツールでもあるメディアを主として研究対象とする学部。
・マス・コミュニケーション学科
・情報文化学科
・こどもコミュニケーション学科

江戸川大学の学費

江戸川大学の学費は4年間で約372万6千円となります。
スタディサプリの調べによると私立大学(文科系)の平均学費は約398万円なので平均よりも安いことが分かります。

また、江戸川大学の学費には授業料の他に実習費も含まれているので学費以上の学びを出来るのかなと思いました。
この点については保護者からの評判も良さそうな気がします。

江戸川大学の評判って?在学生・卒業生の声を調べてみた!

画像元:江戸川大学│学費等一覧

江戸川大学の施設

江戸川大学にはキャンパスライフの充実に繋がる様々な施設があります。

【スポーツ&健康スポット】
クラブ・サークルの活動拠点として、体育館、グランド、テニスコートなどの体育施設を利用することができます。
江戸川大学の評判って?在学生・卒業生の声を調べてみた!

【自主学習スポット】
一人ひとりの自主的な学習を支援する施設・設備。授業の空き時間等にも利用することができます。
江戸川大学の評判って?在学生・卒業生の声を調べてみた!

【交流スポット】
留学生同士、日本人学生と留学生の交流を深めるラウンジやお昼休みや授業の空き時間、放課後に自由に過ごせるスペースです。
江戸川大学の評判って?在学生・卒業生の声を調べてみた!

【食堂】
ランチは定食・丼もの・洋食プレート、軽食はうどん・そば・ラーメン・カレーなど、豊富なメニューが用意されています。
モーニングはメニューが 5 種類あり、どれも100円だそうです。
また日替わりで様々なジャンルのキッチンカーが出店しているそうですよ。
江戸川大学の評判って?在学生・卒業生の声を調べてみた!

引用:江戸川大学│学生生活サポート

江戸川大学の評判

ここからは、本題である江戸川大学の評判について紹介していきたいと思います。

今回はみんなの大学情報の評判を参考に、授業の評判、施設の評判、キャンパスライフの評判を調べてみました。

授業の評判

パソコンを多用した授業形式は社会に出てから必ず役立つと思うし、尚且つ先生方との距離も非常に近く勉学に励めること間違いなしです。

先生との距離が近く、講義も分かりやすい。専門的なことも学ぶことができる。観光に関心ある人には、観光学が充実しており、特に鉄道交通論は、鉄道好きな人にはおすすめ。

小人数制のゼミや授業では、個別に指導を受けることができます。また授業はPowerPointを使い分かりやすいものが多い印象を受けます。授業中にも授業後も分からないところを先生に聞ける環境もあるので、自分の興味のもったことは追求できると思います。

専門的な講義が行われるため様々な教授や学外からの講師の講義が設けられています。

教授との距離が近い分、より専門的に学べるようですね。
興味のあることを追求することは大学生活の醍醐味だと思うので存分に学べる環境は素晴らしいなと思いました。

施設の評判

様々な施設があり、学生なら誰でも使うことができます。授業で使う物であったり、卒論やレポートで使う物だったり便利だと思います。

いい方だと思います。何不自由なく集中して勉強ができたのでとてもこの大学に入って良かったと思います

キャンパス内は分煙もきちんとされており、緑豊かである。教室は授業ごとに広さが違い、大人数の授業だと、声の通りがいい教室で行うことが多い。

敷地が広くさまざまな部屋があります。迷子になりそうですがとても充実していて、学食の種類はすごいと思います

大学施設の評判も良さそうですね。
江戸川大学は図書館の評判も良いみたいで「空き時間は図書館で過ごしている」という学生も多い印象でした。

キャンパスライフの評判

様々な学問に出会うことができるので、四年間がいい大学生活になると思います。

学園祭があるのですが、毎回ファッションショーをするところがあって楽しいです

ボランティアを通していろんな場で社会経験もできるのでそのような繋がりがあるという面でも魅力的です。

サークルもイベントも色々とあるため高校でなにもやっていなかったひとでも楽しめる。

江戸川大学では毎年「駒木祭」という学園祭を開催しています。
実行委員会を中心に盛り上がるような内容が作り上げられ、江戸川大学生はもちろん、入学を希望している高校生からも評判が高いようでした。

評判引用:みんなの大学情報

スポンサーリンク

江戸川大学は部活やサークルも評判◎

江戸川大学には10部活、4同好会、22サークルがあります。
どの部活・サークルも積極的に活動しており部活の評判を聞いて入学する高校生もいるほどだそうです。

最近では、東京オリンピック(バスケットボール3×3)で活躍した保岡龍斗選手が江戸川大学バスケットボール部出身ということでフォーカスされました。

個人的には、自然好きが集まって学園農園や魚類調査などをする「自然愛好会」とアーティストの曲の振り付けをコピーし学園祭で披露する「コピーダンス愛好会」が他の大学にはないサークルで面白いなと思いました。

江戸川大学の部活・サークルの評判

サークルの種類が多いので自分がやりたいことが見つかると思います。

サークルは種類がたくさんあり、新たに作る人もいるので趣味が合う人同士で楽しくできると思う。サークルの外部活動で実績があるサークルもあるので、興味のあるサークルひとつずつ話を聞いて入るのが良い。

サークル活動がとても人脈を広げる場になると思います。自らそのコミュニティを見つけて参加するという行動が大切だと思います

サークルでは歓迎会などを開いたりして学年の差を感じさせないような感じです。

評判引用:みんなの大学情報

江戸川大学は在学生からも卒業生からも評判の良い大学!

今回、江戸川大学の評判を調べてみて、在学生のみならず卒業生からの評判も良いということが分かりました。
この評判ならキャンパスラフも充実できると思います。

また、現在、江戸川大学では2021オープンキャンパスを実地しています。
大学案内のほかに、入試アドバイザーによる「入試相談会」や個別に学校を見学・相談できる「個別相談会」などを開催しており、入試前に江戸川大学のことを知れる機会となっています。

直接大学に来ることが難しい場合はWEBオープンキャンパスも実地しているそうなのでそちらに参加するのがおすすめです!

大学選びは難しいですが…。
江戸川大学のような評判の良い大学を選ぶことが今後の将来にとってベストな選択になると思うので、希望する大学の評判(在学生・卒業生の評判)はぜひチェックしてみてくださいね。