美容師が悩みがち!手荒れ予防法とは?新超水シャワー導入で手荒れ防止改善が出来る?

美容師が悩みがち!手荒れ予防法とは?新超水シャワー導入で手荒れ防止改善が出来る?

ここ2日連続で20度を切るという寒い日に身体が追い付きませんが、体調を崩さないように気を付けたいところです。
なんだか空気も乾燥してきてお肌が荒れやすい時期が来たなって感じがしますね~。
ただでさえ美容師は職業柄手荒れがしやすいので、しっかりと手荒れ予防を行わなくてはボロボロになってしまいます。

そういえば、最近美容師仲間から「新超水」というシャワーが髪にも良いし手荒れ防止改善に良いという話を聞きました。
良さそうなら私が働くサロンにも是非導入したい!ということで、今回は美容師が行う手荒れ予防法についてお話した上で、気になる新超水について調べたことをお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク

美容師が手荒れを引き起こす原因とは?

美容師が手荒れを引き起こす原因とは?
美容師が手荒れになる原因ってどこにあると思いますか?
美容師の仕事はシャンプー、ドライヤー、カット、カラー、パーマなどがありますが、実はこれら全てに手荒れを引き起こす可能性があるのです。
ではまず美容師が手荒れを引き起こす原因について考えられることをお話しておきます。

シャンプー

美容師が1日の中で1番行う仕事がシャンプー。
特に美容師なり立ての新人さんなんかはシャンプーの仕事から任される傾向にあります。
シャンプーは手の必要な水分や皮脂まで一緒に洗い流してしまうので、繰り返し行うことによって手荒れを招いてしまうのです。

ドライヤー

シャンプーとセットでドライヤー業務も行いますよね。
ドライヤーの温風も1日の中で何度も浴びると手の水分が逃げて乾燥し、かゆみやひび割れを引き起こしやすくなります。

カット

シャンプーやドライヤーに比べて確率はそこまで高くありませんが、カットで使用するハサミで金属アレルギーを発症し、かゆみを感じるようになる場合もあります。

カラー

美容室にはカラーで来られるお客様、やはり多いです。
ですがこのカラーで使用する薬剤にも手荒れを誘発してしまう可能性がある成分が含まれています。それは「パラフェニレンジアミン」
美容師のアレルギー性皮膚炎の原因として1番多いのがこれです。
また、薬剤に含まれるアルカリが原因となって急性の刺激性接触皮膚炎を引き起こす可能性もあります。

パーマ

カラーと同じでパーマも薬剤に含まれているアルカリが原因となって皮膚炎を引き起こす場合があります。
また、同じく薬剤に含まれるニッケルなどの金属でアレルギー性皮膚炎になる美容師もいます。

美容師が実際に行う手荒れ予防法をご紹介!

手荒れって思った以上にしんどいものです。
それに手荒れをしたからといって治るまで仕事を休むなんてことは出来ないので、一度手荒れしてしまうとその状態で仕事を続けることで悪化してしまう可能性もあります。

そうならないためにも手荒れ予防を徹底的に行うことは大切なのです。
では、これから美容師向けの手荒れ予防法をご紹介いたします!

手荒れ予防①:ぬるま湯を使用する

手荒れ予防①:ぬるま湯を使用する

温度の高いお湯に触れることで皮脂が取り除かれ手が乾燥しやすくなります。
シャワー時には高い温度設定にするのではなく、35~38度のぬるめの温度にすることで手荒れ予防が出来ます。

手荒れ予防②:手を洗う際は入念に

手荒れ予防②:手を洗う際は入念に

シャンプーや薬剤などに触れた後はしっかり洗って落とすようにしましょう。
洗い残しは手荒れの元になるので指の間までよく洗ってくださいね。
とはいえ、ゴシゴシと強く洗いすぎるのも手の角層を傷つけてかえって手荒れを悪化させてしまうので注意が必要です!

手荒れ予防③:薬剤使用時は手袋を装着する

手荒れ予防③:薬剤使用時は手袋を装着する

薬剤を使用する際は必ず手袋を装着するようにしましょう。
手袋をしていれば100%手荒れしないとは言い切れませんが、薬剤が手に付着して手荒れが起こる可能性を低くしてくれます。

同時にお店で禁止されてない限り、手荒れ予防のためにシャンプー時も出来れば手袋を使用することをおすすめします。
理由は先ほど話したようにシャンプーは手荒れの原因になり得るからです。

手荒れ予防④:手を濡れた状態で放置しない

手荒れ予防④:手を濡れた状態で放置しない

水に触ることが多い美容師は都度タオルで水分を拭き取ってから作業に入るかと思いますが、忙しかったり時間に余裕が無い時は「そのうち乾くし」と、濡れたまま次の作業に移ることもあるのではないでしょうか?

ですが水分が蒸発する際には手の水分も一緒に蒸発してしまい乾燥しやすくなってしまうので、手荒れ予防のためにも水分はしっかり拭き取るようにしましょう。

手荒れ予防⑤:ハンドクリームをこまめに塗る

手荒れ予防⑤:ハンドクリームをこまめに塗る

ハンドクリームをこまめに塗ることで手荒れ予防に働きかけてくれます。
その際、使用するハンドクリームは見た目や香りで選ぶのではなく、肌の保湿及び保護をしてくれる成分が入っているかどうかをよく見るようにしましょう。

また、美容師はシャンプーをする時にどうしてもお湯が肘までかかることがあります。
そのため、ハンドクリームは手だけに塗るのではなく、肘のあたりまでしっかり塗るようにすると良いですよ。

スポンサーリンク

新超水のシャワーは顧客満足度が高いだけでなく手荒れ予防にも効果的?

新超水の美髪シャワー

友達から聞いて初めて知った新超水のシャワー。
調べてみたところ、美容室で“最高の美水シャワー”と高評価を得ていることがわかりました!

というのもこの新超水、「お肌」「髪の毛」「手荒れ予防・改善」という観点で見た時に多くのメリットがあるようです。

≪お肌に≫

  • 洗顔後のつっぱりがありません。
  • お肌の弱い人やアレルギー肌の人に刺激が少ない。
  • 保湿効果がありお化粧のノリが良くなります。(水分が浸透しやすいため)

 

≪毛髪に≫

  • 髪がサラサラになり質感を良くし艶やかにします。
  • 頭皮や頭髪の汚れ落ちがよく、毛穴の老廃物や嫌な臭いを取り除きます。
  • 髪への水分浸透が速くシャンプー中の指通りと泡立ちを良くします。
  • タオルドライの後水切れがよく乾きが早くなります。
  • 広がる髪は収まりが良く、髪にボリュームがでます。
  • パーマやカラーの施術時間が短縮、刺激臭を減らし、長持ちする仕上がりとなります。

 

≪手荒れ防止改善≫

  • 保水力によりスベスベして乾いてもつっぱらず、手荒れを抑制します。

 

引用:サロン・ド・シャワー浄水器(美容シャワー浄水器)|新超水

 

どうです?個人的にはこれ見て凄くお店に導入したい気持ちが高まりました。
既に新超水のシャワーを導入している美容室からは顧客満足度も高いという感想が上がっているみたいで、収益アップを考えてみてもかなり魅力的・・・・

確かに今って「美髪」に注目されているお客様が多いので、髪質改善に良いトリートメントやカラー剤を使用した施術がとても人気あります。
それを考えると使用するシャワー自体に髪の毛をサラサラにしてくれる効果があるとなれば喜ぶお客さんも増えそうですよね。

新超水のシャワー、お客様に喜んでいただけるという点でもお店の集客という点で見ても魅力的な商品です!!

手荒れ予防は美容師という職業において必須!

手荒れ予防は美容師という職業において必須!
ということで今回は美容師の悩みのひとつである手荒れの予防法や、友達から聞いた新超水のシャワーについてブログにまとめてみました。
同じ美容師さんだけでなく、手荒れに悩んでいる方の参考に少しでもなったら嬉しいです!

新超水に関しては私もまだ使ったことがありませんが、今回調べてメリットを見たところサロンでの導入も考えたいと思ったので、私のように気になった美容師さんやサロンのオーナーさんは検討してみても良いのではないかなと思います。

美容師にとって手先は大事な仕事道具。
新超水シャワーでお客様にはサラサラ艶やかな髪になってもらい、私達美容師はスベスベの手になりませんか?

新超水[公式サイト]
サロン・ド・シャワー浄水器(美容シャワー浄水器)[新超水]